/

この記事は会員限定です

台湾株1日 反発、過去最高値を更新 中国や台湾のPMI改善で

[有料会員限定]

【NQN香港=川上宗馬】1日の台湾株式市場で加権指数は反発した。終値は前日比162.78ポイント(1.18%)高の1万3885.67と、11月23日に付けた過去最高値をおよそ1週間ぶりに更新した。11月の財新中国製造業購買担当者景気指数(PMI)や、シンクタンクの中華経済研究院が発表した11月の台湾製造業PMIが前月から改善し、景気回復期待から投資家が運用リスクをとる姿勢を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン