/

この記事は会員限定です

株、強まる業績底入れ感 市場予想、商社は「弱気」脱出

[有料会員限定]

1日午前の日経平均株価は前日比6円高の2万3145円で終えた。自民党の総裁選などを控え様子見ムードが漂い、方向感を欠いた。もっとも、主要企業の業績に対する市場予想の改善を背景に、日経平均は2万3000円の節目超えの滞空時間が増えている。

1日も注目を集めたのは三菱商三井物など総合商社だ。著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイが5大商社株を取得したことが前日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り999文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン