1/22 23:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 24,031.35 +166.79
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
24,020 +160

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「崔真淑のサイ視点」[映像あり]

1月22日(水)14:20

東芝子会社の架空取引 別の上場2社も関連[映像あり]

トヨタ 米で290万台リコール エアバッグ不具合

1月22日(水)13:00

[PR]

業績ニュース

三菱ケミHDの今期、純利益23%減に下方修正 アクリル樹脂原料が低調

2019/11/1 14:17
保存
共有
印刷
その他

三菱ケミカルホールディングスは1日、2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比23%減の1310億円になりそうだと発表した。従来予想(1%減の1680億円)から370億円下方修正した。アクリル樹脂原料「MMA」などの市況が期初想定を下回る。半導体や自動車向け部材の需要の弱含みも利益の重荷になる。

売上高にあたる売上収益は2%減の3兆7650億円を見込む。従来予想(6%増の4兆800億円)から3150億円引き下げた。原料価格の下落に伴う販売価格の低下が響いた。一時的な損益を除いた本業のもうけを示す「コア営業利益」は20%減の2500億円を予想する。従来予想から500億円下方修正した。

同日会見した伊達英文最高財務責任者(CFO)は足元の需要動向について「全般的に弱含んでいる」と話した。半導体製造装置や工作部品向けなどで「設備投資が止まっている影響で勢いがない」と説明した。半導体市況については半導体メモリーの不振で「下期は(低調な)状況が変わらない」とも語った。

併せて発表した19年4~9月期の連結決算は、売上収益が前年同期比3%減の1兆8276億円、純利益が32%減の813億円だった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム