/

Jフロントの百貨店事業、5月売上高10.5%増 訪日外国人向け好調

J・フロントリテイリング(3086)が1日発表した百貨店事業の5月の売上高(速報、既存店ベース)は、前年同月比10.5%増だった。消費増税の影響で売り上げが落ち込んだ前年からの反動で伸びた。訪日外国人の需要も引き続き好調だった。大丸松坂屋の合計は11.6%増になった。

部門別では、美術宝飾品が43.7%伸びた。訪日外国人向けの好調が寄与している。免税売り上げの全体に占める割合は5.6%になった。婦人服と婦人雑貨子供服はともに15.2%増、家具や敷物などの住文化用品は18.9%増だった。パラソルやサンダルなど、初夏向けの商品が好調だった。

同社は売り上げ増について「訪日外国人と富裕層の消費が全体をけん引している」と説明した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン