2019年4月26日(金)

11月の軽含む新車販売、2.6%減 日産自の無資格検査問題が響く

2017/12/1 14:52
保存
共有
印刷
その他

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が1日発表した11月の新車販売台数(軽自動車含む)は、前年同月比2.6%減の40万6860台と2カ月連続で減少した。減少幅は2016年6月以来、1年5カ月ぶりの大きさ。従業員による無資格検査問題が発覚した日産自動車(7201)が生産や出荷を一時停止したのが響いた。

登録車の販売は5.4%減の25万8164台だった。日産自動車は42.4%減と大幅なマイナスとなった。同じく無資格検査問題があったSUBARU(7270)も13.0%減だった。一方、トヨタ自動車(7203)は単体で0.5%増だった。

軽自動車は2.9%増の14万8696台と8カ月連続で増加した。スズキ(7269)やホンダ(7267)などが好調だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報