2018年8月19日(日)

8/19 14:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 「孤客」消費が止まらない[有料会員限定]
  2. 2位: テスラ、CEOの告白に広がる不安[有料会員限定]
  3. 3位: 中国国有企業、ROE10年で半分 規模拡大も質伴わず[有料会員限定]
  4. 4位: インドルピーが最も下落 トルコリラ急落が波及[有料会員限定]
  5. 5位: ハイテク株変調の影 世界で包囲網、売り要因に[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,270.38 +78.34
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,260 +100

[PR]

NQNスペシャル

フォローする

長期金利の乱高下呼ぶ国債「空売り」 指し値オペ示唆
日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

2018/8/1 14:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日銀が金融政策の修正を決めた7月31日以降、長期金利が乱高下している。日銀による大規模な国債購入の結果、債券市場の流動性が低下。日銀は国債発行残高の4割以上を保有し、量的緩和長期化の副作用が深刻化する中での政策修正に対し、果敢に「空売り」で挑む投機筋の姿が見え隠れする。

 日銀が会合の結果を発表した直後の31日午後、長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは前日比0.050%低い(価格は高い)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム