中国の「怪味ソース」使った鶏から揚げ 日ハム

2015/6/3付
保存
共有
印刷
その他

日本ハム(2282)は中華総菜「中華名菜 鶏から揚げ 怪味ソース炒め」を発売した。鶏肉との相性が良い中国・四川省の複合調味料「怪味(かいみ)ソース」を使用した。

「中華名菜」は下ごしらえ済みの具やソースに、野菜などの材料を1つ加えるだけで中華料理を楽しめるシリーズ。からあげ専門店でも人気の高い怪味ソースをセットにした。怪味は複雑な味を意味する中国語で、辛みや甘味、酸味などにサンショが持つ麻(しびれ)が加えられている。国産鶏むね肉のからあげと怪味ソースをセットにし、調理はタマネギを加えるだけで手軽できるようにした。容量は230グラム。

価格は税別410円。全国の量販店や食料品店などで販売する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]