/

この記事は会員限定です

インフォテリ平野社長 新仮想通貨Zen「企業が使いやすい通貨目指す」

[有料会員限定]

ビットコインの分裂騒動で注目を浴びる仮想通貨の発行を国内で目指す動きが出てきた。国内のビットコイン取引所のテックビューロなどが加盟するブロックチェーン推進協会(BCCC)は7月上旬、社会実験として仮想通貨「Zen」の発行を始めた。BCCCの代表理事を務めるインフォテリア(マザーズ、3853)の平野洋一郎社長に、新仮想通貨発行の狙いなどを聞いた。平野氏は「法定通貨に対する相場変動を抑え、企業が安定して使えるように...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1480文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン