/

シャープの17年3月期、営業損益257億円の黒字

3年ぶり黒字

シャープは1日、17年3月期の連結営業損益が257億円の黒字(前期は1619億円の赤字)になりそうだと発表した。営業損益が黒字に転換するのは14年3月期以来3年ぶり。従業員の削減など抜本的な構造改革を進めたことが奏功する。液晶関連などで減損損失を計上したことから、最終損益は418億円の赤字(前年同期は2559億円の赤字)となる見通し。売上高はディスプレーの販売減などで18%減の2兆円を見込む。

同時に発表した16年4~9月期の連結決算は、最終損益が454億円の赤字(前年同期は836億円の赤字)だった。スマートフォン(スマホ)やテレビ向けの液晶パネルの販売低迷が響いた。売上高は28.1%減の9196億円。営業損益は構造改革によるリストラ効果が奏功し、7900万円の黒字(前年同期は251億円の赤字)となった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン