/

この記事は会員限定です

国産ブロックチェーン「安全性強化で勝機」 開発者に聞く

[有料会員限定]

ビットコインなど仮想通貨が広がるなかで、その基盤技術であるブロックチェーンの仕組みを見直す動きが出ている。非営利法人のビヨンドブロックチェーン(東京・渋谷)が公開した基盤ソフトウエア「BBc-1(Beyond Blockchain One)」は、安全性を高めデータ改ざんなどをしにくくした。BBc-1の生みの親で同法人の代表理事を務める斉藤賢爾氏に開発の狙いを聞いた。

――次世代のブロックチェーンと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り990文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン