金融ニッポン みずほFG・坂井社長「逆風は千載一遇のチャンス」

2019/10/1 13:48
保存
共有
印刷
その他

みずほフィナンシャルグループ(8411)の坂井辰史社長は1日、東京・大手町で開いた「金融ニッポン」トップ・シンポジウム(主催・日本経済新聞社)で、「逆風下の再起動」をテーマに講演した。坂井社長は「逆風はむしろ千載一遇のチャンス」と指摘。「3つのメガトレンド、デジタル化、少子高齢化、グローバル化に注目している」としたうえで「人、モノ、情報が世界規模で影響し合う流れは今後も続く」との見通しを示した。

坂井社長は「構造変化はより早く、劇的になっていく」とも話し、顧客ニーズが幅広いものになっているなか「金融にとらわれず金融プラスアルファの価値を創造していく必要がある」との考えを示した。

さらに「ビジネスだけでなく、みずほ自身も次世代金融にふさわしい人とカルチャーを持つことが不可欠だ」と強調。終身雇用を経て定年、引退、年金生活といった暗黙の前提であり画一的な価値観だったところから「将来現役で活躍するために兼業や副業を含めた挑戦の機会を提供したい」と指摘し、人事戦略の抜本見直しを進める考えを示した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]