9/24 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 日経平均大幅続落、終値258円安 感染再拡大に懸念
  2. 2位: [FT]大手銀、新型コロナによる金相場変調で巨額の利益[有料会員限定]
  3. 3位: マイナンバー、21年に口座と連動 政府がデジタル化推進[有料会員限定]
  4. 4位: ソフトバンク株1.2兆円売り出し きしむ証券営業[有料会員限定]
  5. 5位: 日本電産、隠れた優等生「機器装置」 不況期の支えに[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,187,183億円
  • 東証2部 67,337億円
  • ジャスダック 96,720億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.54倍24.75倍
株式益回り5.11%4.04%
配当利回り1.94% 1.72%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,087.82 -258.67
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
22,920 -270

[PR]

国内株概況

日経平均、一時248円安 コロナ再拡大警戒根強く

2020/7/1 14:40
保存
共有
印刷
その他

1日の東京株式市場で日経平均株価は一段と値を下げている。前日比248円安の2万2039円まで下げる場面があった。新型コロナウイルスの感染再拡大への警戒が売りを促している。薄商いの中で、先物の売りが相場を下押ししている面もある。安値を付けた後はやや戻している。

市場では、国内の新型コロナ感染者数が高止まりしている状況を踏まえ、「『緊急事態宣言が再び出されるのでは』との懸念がくすぶっている」(大和証券の石黒英之シニアストラテジスト)。経済活動が再び停滞するとの警戒もある。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム