松井の5月の売買代金、1日平均12%減 個人投資家が様子見

2016/6/1 18:19
保存
共有
印刷
その他

松井証券(8628)が1日に発表した5月のインターネット経由の株式売買代金は、1日平均で前の期比12%減の1455億円だった。株式市場全体の売買が低調に推移するなか、個人投資家が様子見姿勢を強めたことが理由という。営業日数も前の月より1日少なく、月間累計の売買代金も16%減の2兆7654億円だった。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]