/

首相「アベノミクスのエンジンを最大限上げる必要ある」 記者会見

安倍晋三首相は1日夕の記者会見で「世界経済は大きなリスクに直面している」と述べた。足元で新興国や途上国の経済が落ち込んでいると指摘。国内経済は熊本地震で「経済や暮らしが打撃を受けている」とし、これらが「日本経済の新たな下振れリスクになっている」と述べた。

首相は「最悪の場合、再びデフレのトンネルへと逆戻りするリスクがある」とも語り、アベノミクスのエンジンを最大限にふかすため「脱出速度を最大限に上げなければならない」とした。こうした背景を踏まえ、首相は2017年4月に予定する消費増税を2年半延期する方針を決めた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン