/

この記事は会員限定です

日銀短観、中小の苦境鮮明 融資態度の改善が望み

[有料会員限定]

日銀が1日に発表した6月の全国企業短期経済観測調査(短観)では、新型コロナウイルスの感染拡大による企業景況感の大幅な悪化が浮き彫りとなった。特に中小企業の苦境は鮮明で、資金繰り判断を示す指数は過去最大の悪化幅となった。今後、倒産件数などの増加を通じて日本経済全体の重荷になるとの見方が強まっている。

中小企業・全産業の資金繰り判断指数(DI)はマイナス1と、前回3月調査(プラス8)に比べ9ポイント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1028文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン