2019年9月23日(月)

財務局長会議、全11地域の景気判断一覧

2018/11/1 15:30
保存
共有
印刷
その他

財務省が1日の全国財務局長会議でまとめた10月の管内経済情勢報告では、全局の景気の総括判断を「回復している」として前回2018年7月から据え置いた。

地域別では、北海道と中国で基調判断を引き下げ、北陸は引き上げ、他の8地域で据え置いた。10月の全局総括判断と各地域の表現は以下の通り。

■全局総括

〔→〕回復している(回復している)

■各財務局の判断

▽北海道〔↓〕回復のテンポが緩やかになっている(緩やかに回復している)

▽東北 〔→〕回復しつつある

▽関東 〔→〕回復している

▽北陸 〔↑〕緩やかに拡大しつつある(回復している)

▽東海 〔→〕緩やかに拡大している

▽近畿 〔→〕緩やかに拡大しつつある

▽中国 〔↓〕回復のテンポが緩やかになっている(注)

▽四国 〔→〕緩やかに回復している

▽九州 〔→〕緩やかに回復している

▽福岡 〔→〕回復している

▽沖縄 〔→〕拡大している

(注)記号→は据え置き。カッコ内は前回18年7月の景気判断。中国は7月の景気判断について「18年7月豪雨前は、緩やかに回復していたが、まずは豪雨による地域への影響全体について十分に把握する必要がある」として前の回と比較しなかった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。