9月日銀短観、大企業製造業DIプラス12 3期ぶり悪化、先行きプラス10

2015/10/1付
保存
共有
印刷
その他

日銀が1日発表した9月の全国企業短期経済観測調査(短観)は、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)が大企業製造業でプラス12だった。前回の6月調査(プラス15)から3ポイント悪化した。悪化は3四半期ぶり。中国などの新興国の景気減速に伴い輸出や生産が伸び悩み、景況感が悪化した。もっとも訪日外国人の増加を背景に大企業非製造業の景況感は改善した。

3カ月先については、大企業製造業がプラス10の見通し。…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]