/

この記事は会員限定です

NY株ハイライト ダウ平均、11月は34年ぶり上昇率 アップルが映したハイテクの先高観

[有料会員限定]

【NQNニューヨーク=古江敦子】ダウ工業株30種平均は11月30日に反落したものの、月間の上昇率は11.8%と1987年1月以来33年10カ月ぶりの大きさとなった。新型コロナウイルスのワクチンの早期実用化への期待や、バイデン政権発足を巡る景気期待で、来年にかけて相場上昇が続くとの強気な見方は多い。足元で景気敏感株への資金流入が目立つが、30日はアップル株の上昇でハイテク株への根強い買い意欲も示された...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン