/

この記事は会員限定です

その米国債担保、信用できますか? 米レポ金利急騰の裏側

日経QUICKニュース(NQN) 編集委員 永井洋一

[有料会員限定]

米国の短期金融市場で米債などを担保にお金を融通し合うレポ取引の金利が急上昇し、ニューヨーク連銀が大量に資金供給する異常事態が続いている。まず挙げられるのは国債増発や納税などマネーの需要サイドの要因だが、信用リスクに敏感な銀行などの資金の出し手が「カウンターパーティーリスク(取引相手の破綻リスク)」を意識し、取引をためらっている点は見逃せない。お金を貸す際の「担保価値」への疑念が背景にある。

レポ市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り843文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン