/

アップル、サービス好調で売上高予想上回る 時間外で株価大幅高

【NQNニューヨーク=滝口朋史】米アップルが4月30日に発表した2019年1~3月期決算は、売上高が前年同期比5%減の580億1500万ドルだった。「iPhone」の中国販売の不振が続き2四半期連続の減収となった。ただ、音楽配信などサービス事業の売上高が予想以上に伸び、市場予想の575億4000万ドルを上回った。4~6月期はほぼ横ばいから増収を見込んでおり低迷から脱する見通しだ。

主力のiPhoneの売上高は17%減の310億5100万ドルで、QUICK・ファクトセットがまとめた市場予想の311億200万ドルを小幅に下回った。香港と台湾を含む中華圏が22%減の102億1800万ドルと2四半期続けて減少した。北米や日本では増収だったが、中国の落ち込みが全体の足を引っ張った。

一方、音楽配信やアプリ販売などのサービス事業は16%増の114億5000万ドルと市場予想(113億2400万ドル)以上に伸びた。腕時計型端末「アップルウオッチ」や人工知能(AI)スピーカーなどの販売も30%増の51億2900万ドルと好調だった。タブレット端末「iPad」も22%増と大幅な増収となった。

純利益は16%減の115億6100万ドルだった。、研究開発費や販売関連費用の増加が収益を圧迫した。iPhoneの販売減で全体の売上高総利益率は37.6%と小幅に悪化したものの、サービス事業の利益率が2ポイントあまり改善して下支えした。1株利益は2.46ドルと市場予想の2.36ドルを上回った。

株主への利益還元策として総額750億ドルの自社株買い枠を追加したほか、四半期配当も5%増やす。

あわせて公表した4~6月期の売上高見通しは525億~545億ドルと、前年同期に比べ1%減から2%増を見込む。下限でも市場予想の521億ドルを上回った。

決算発表を受けた米株式市場の時間外取引でアップルの株価は上昇している。4月30日の通常取引を前日比3.94ドル(1.9%)安の200.67ドルで終え、通常取引の終値を5%あまり上回る211ドル台まで買われる場面があった。業績が予想ほど悪化しなかったうえ、売上高見通しが市場予想を上回ったのも好感され時価総額は1兆ドルに迫っている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン