2018年1月22日(月)

米マイクロソフト、「ウィンドウズ10」今夏刷新

2016/3/31 6:46
保存
共有
印刷
その他

 【シリコンバレー=小川義也】米マイクロソフトは30日、2015年7月に提供を始めた基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」を今夏に刷新すると発表した。人工知能(AI)を活用した音声入力やペン入力の機能を拡充するほか、安全性も高める。同社によると、ウィンドウズ10を搭載した端末は世界で2億7000万台を突破した。3年以内に10億台という目標の達成に向け、使い勝手や機能を向上させる。

 サンフランシスコ市内で30日に開幕したソフトウエア開発者向けの年次会議「ビルド」で、テリー・マイヤーソン上級副社長が明らかにした。

 「ウィンドウズ10」の新機能は「アニバーサリー・アップデート」として、既存の利用者に無償で提供する。コンピューターに話しかけて検索やスケジュール管理などができる対話型のデジタル秘書機能「コルタナ」は、パソコンやスマートフォンがロックされている状態でも話しかけたり、通知を受け取ったりできるようにする。

 ペン型の入力端末をより使いやすくする「ウィンドウズ・インク」と呼ぶ新機能も盛り込む。OSに同機能を組み込むことで、ペン入力に対応したアプリやサービスを開発しやすくなるという。

 指紋や目の虹彩による生体認証機能「ウィンドウズ・ハロー」は、端末のロックを解除したり、OSにログインしたりできるだけでなく、対応するウェブサイトの認証にも使えるようにする。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報