/

税逃れ、悪質な国・地域に制裁検討 OECD租税委員会

国際的な課税逃れ対策を議論する経済協力開発機構(OECD)の租税委員会は30日、税逃れ対策に非協力的な国・地域を特定する基準案をまとめた。国際組織の評価などの3つの基準をもうけ、2つの基準を満たさない場合に悪質と判定する。悪質な国・地域には各国で制裁を検討する。

具体的には(1)税の透明性を審査する国際組織「グローバル・フォーラム」の評価を満たしているか(2)非居住者の口座情報を自動的に交換するルールに参加しているか(3)税務当局間で協力するための条約に署名しているか――だ。国際組織が非常に厳しい評価を下した場合はほかの2つの基準を満たしても悪質と判定する。

租税委員会が開かれている京都で議長を務める浅川雅嗣財務官とパスカル・サンタマン租税センター局長が明らかにした。

基準案に基づくと現状ではパナマなどが該当する見通しだ。基準案は7月に開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に提示し、承認を得る。来年にも基準案をもとに悪質な国・地域を「ブラックリスト」に指定し、各国が制裁措置を検討する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン