/

この記事は会員限定です

富士通社長「AIにスパコン『京』の技術応用」

[有料会員限定]

富士通の田中達也社長は30日、「世界デジタルサミット2017」(日本経済新聞社・総務省主催)で講演し、「2018年度にスーパーコンピューター『京』の技術を使った人工知能(AI)専用のプロセッサーの市場投入を計画している」と話した。

富士通は世界最高峰のスパコン「京」を理化学研究所と共同開発しており、そこで得た知見をAI分野に応用する。田中氏は「スパコンとAIには高い親和性がある」と強調。「今のAI技術を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り336文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン