富士通社長「AIにスパコン『京』の技術応用」

2017/5/30 10:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士通の田中達也社長は30日、「世界デジタルサミット2017」(日本経済新聞社・総務省主催)で講演し、「2018年度にスーパーコンピューター『京』の技術を使った人工知能(AI)専用のプロセッサーの市場投入を計画している」と話した。

富士通は世界最高峰のスパコン「京」を理化学研究所と共同開発しており、そこで得た知見をAI分野に応用する。田中氏は「スパコンとAIには高い親和性がある」と強調。「今のA…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]