センシャと田中角栄(都議選Trivia)

2017/6/30 17:14
保存
共有
印刷
その他

1974年参院選でヘリコプターもつかって全国を駆け回った田中角栄元首相(群馬県桐生市)

1974年参院選でヘリコプターもつかって全国を駆け回った田中角栄元首相(群馬県桐生市)

「センシャはいまどこ?」。選挙中に陣営でよく交わされる会話だ。センシャといっても「戦車」ではなく「選挙車」「街頭宣伝車」を略した呼称。選挙車を「センシャ」と略すのは、「戦車」にひっかけた意味もある。なんといっても、選挙は戦いだからだ。

応援に駆け回る幹部もセンシャの中で食事をとり、打ち合わせ、日程を変更していく。選挙に強い、といえば自民党の田中角栄元首相。センシャだけでなく、首相当時の参院選ではヘリコプターまでつかって全国を駆け回った。

田中元首相時代の1973年にも都議選はあり、自民党は53議席を獲得した。その後、退陣した田中氏はロッキード事件があり、党籍を離れて「闇将軍」と呼ばれたが、鈴木善幸内閣の1981年都議選では街頭に出て話題を呼んだ。池田勇人首相秘書官を務めた政治評論家の故伊藤昌哉氏は著書「自民党戦国史」に「田中元総理が『人よせパンダ』と称して公然、都内に出没し、都議選の応援に乗り出した」と記した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]