/

新ブラウザーの名称「エッジ」に 米マイクロソフト

【シリコンバレー=小川義也】米マイクロソフト(MS)は29日、次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」に標準搭載する新型ブラウザー(閲覧ソフト)の名称を「エッジ」にしたと発表した。「インターネット・エクスプローラー(IE)」の事実上の後継にあたり、従来は開発用のコードネーム(スパルタン)で呼ばれていた。

サンフランシスコで29日開幕した開発者向けの年次会議で、ジョー・ベルフィオーレ副社長が明らかにした。ウィンドウズ10ではIEも標準搭載されるが、今後は開発の軸足をエッジに移していく。

「IE」がパソコン(PC)で利用することを前提に設計されたブラウザーだった。「エッジ」はPCだけでなくスマートフォン(スマホ)やタブレットなどウィンドウズ10を搭載したあらゆる端末での利用を前提に開発した。

スマホで先行導入されていた秘書機能「コルタナ」のパソコン版や手書きメモ機能などを搭載。ウィンドウズ10同様、ソフトは自動的にアップデートされるため、常に最新版に保たれる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン