米フェイスブック、4~6月9%減益 売上高は最高更新

2015/7/30付
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=小川義也】交流サイト(SNS)最大手の米フェイスブックが29日発表した2015年4~6月期決算は、売上高が前年同期比39%増の40億4200万ドル(約5000億円)、純利益が9%減の7億1900万ドルだった。スマートフォン(スマホ)向けのモバイル広告や動画広告が好調だったが、研究開発などの費用が大きく膨らんだ。

売上高は四半期ベースで過去最高を更新した。ドル高の影響を除いたベースでは50%の増収だった。

15年6月末時点の月間利用者数は14億9000万人と、1年前から13%増えた。スマホやタブレットなどモバイル端末経由の利用者は23%増の13億1400万人だった。

主力の広告事業の売上高は43%増の38億2700万ドル。広告収入全体に占めるモバイル広告の比率は76%となり、1~3月期(73%)からさらに高まった。ゲームの課金手数料などは8%減の2億1500万ドルだった。

販管費や研究開発費を含めた総費用は27億6900万ドルと、前年同期に比べて82%と大幅に増加した。仮想現実(VR)映像端末などの研究開発費は2.4倍の11億7000万ドル。データセンターなどの設備投資も5億4900万ドルと17%増えた。

費用の急増を嫌気した投資家の売りが膨らみ、同社の株価は29日の時間外取引で一時、同日終値比で2%以上下落した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]