/

この記事は会員限定です

「18年中に自動運転技術確立」 討論でエヌビディア

[有料会員限定]

「世界デジタルサミット2017」(日本経済新聞社・総務省主催)は29日、「AI(人工知能)・ビッグデータが生み出す新ビジネス」をテーマに、世界のIT(情報通信技術)企業幹部らがパネル討論した。米半導体大手のエヌビディア日本法人の大崎真孝日本代表は「18年までに(バスなどが特定ルートを走る)『レベル4』の自動運転技術を確立する」と話した。

エヌビディアは半導体メーカーでありながら技術者の半数の500...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン