/

首相「これまでにない脅威」 安保理緊急会合要請へ

安倍晋三首相は29日朝、北朝鮮による同日早朝の弾道ミサイル発射について「わが国を飛び越えるミサイル発射という暴挙はこれまでにない深刻かつ重大な脅威だ」と非難した。日本政府として北朝鮮に抗議したことを明らかにし「国連安全保障理事会に対し緊急会合の開催を要請する」と訴えた。

国家安全保障会議(NSC)の関係閣僚会合後、記者団に語った。首相は「国際社会と連携し北朝鮮に対するさらなる圧力強化を日本は強く国連の場において求めていく」と強調。「強固な日米同盟のもと、いかなる状況にも対応できるよう緊張感をもって国民の安全、安心の確保に万全を期していく」と語った。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン