2019年1月22日(火)

宮崎駿監督にアカデミー名誉賞 「クロサワ」以来

2014/8/29付
保存
共有
印刷
その他

宮崎駿氏

宮崎駿氏

米アカデミー賞を主宰する映画芸術科学アカデミーは28日、卓越した業績を残した世界の映画人に贈られる名誉賞を日本のアニメ映画監督、宮崎駿氏(73)らに授与すると発表した。

日本人監督の受賞は1990年の故黒沢明監督以来2人目。授賞式は11月8日にロサンゼルスのハリウッドで行われる。

宮崎氏は受賞決定について「リタイアした人間に賞なんかいらないと本当は思うが光栄」とのコメントを発表した。

アカデミーは宮崎監督について「千と千尋の神隠し」で2003年にアカデミー賞長編アニメ賞を獲得したほか「ハウルの動く城」「風立ちぬ」で同賞にノミネートされた経歴を紹介。

90年代後半に「もののけ姫」で世界的に有名になる前から「天空の城ラピュタ」や「となりのトトロ」などの作品が日本で絶大な支持を受けていたとして、長年の功績をたたえた。

宮崎氏のほかに、フランスの脚本家ジャンクロード・カリエールさんとアイルランド出身の女優モーリン・オハラさんにも名誉賞が授与される。

監督では過去にポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ氏やスイスのジャンリュック・ゴダール氏が名誉賞を受賞した。

名誉賞とは別に人道分野で功績があった映画関係者をたたえる「ジーン・ハーショルト人道賞」受賞者も発表され、米俳優で社会活動家のハリー・ベラフォンテさんが選ばれた。昨年は女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが同人道賞を受賞した。(ロサンゼルス=共同)

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報