/

オバマ大統領「日米同盟かつてなく強固」 真珠湾で演説

【ホノルル=兼松雄一郎】オバマ米大統領は27日昼(日本時間28日朝)、米ハワイ・真珠湾で開催された日米首脳会談後の演説で「戦果より和解にこそ価値がある。戦争の傷は友情に変わり、日米同盟はかつてなく強固になった」と語り、日米同盟の強固さを強調した。両首脳の真珠湾訪問を日米の「和解の力」を示す場所にしたいとの安倍首相の演説に対し、オバマ氏は「お互いのため」という日本語で応じ「友として両国が一緒に世界に和解のメッセージを送りたい」と語った。

オバマ大統領は「日米が共通の利益だけでなく価値の共有によって築いた国際秩序によって新たな世界大戦を防いだ」と日米同盟の意義を改めて強調した。

また「歴史は選べないが、何から学ぶのかは選べる」とし、戦争を経たのち、研究、スポーツでの交流、東日本大震災での災害支援などで両国が友好的な関係を築けていることを称賛した。

オバマ氏は第2次大戦で多数の戦功を挙げた日系人部隊の名前を挙げ、同部隊出身で日系人を代表するハワイ出身の政治家だった故ダニエル・イノウエ議員とともにその功績をたたえた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン