/

首相「和解の力」発信 真珠湾で不戦の誓い強調

【ホノルル=山口啓一】安倍晋三首相とオバマ米大統領は27日昼(日本時間28日午前)、1941年の日米開戦の地となった真珠湾を訪れ、犠牲者を慰霊した。首相はこの後の演説で、「平和国家としての歩みを貫く」と不戦の誓いを強調。日米が戦争の歴史を克服し、同盟関係を築いた「和解の力」を国際社会に向けて訴えた。ただ、先の大戦への反省や謝罪は盛り込まなかった。

日米の首脳がそろって真珠湾を訪問するのは初めて。両首脳は真珠湾攻撃で沈没した戦艦アリゾナの上に立つアリゾナ記念館で献花した。

首相はオバマ米大統領とアリゾナ記念館に臨むふ頭に並んで演説し、戦後に米国が日本に示した「寛容の心」に謝意を述べた。「米国は日本が戦後再び、国際社会へと復帰する道を開いてくれた」と語り、「日本人に差しのべられた善意と支援の手、大いなる寛容の心は胸に深く刻まれている」と強調した。

首相は日米同盟について「戦争を戦った日本と米国は、歴史にまれな、深く強く結ばれた同盟国となった」と指摘。「明日を開く『希望の同盟』」と表現した。そのうえで「私たちを結びつけたものは、寛容の心がもたらした『和解の力』だ」と訴えた。

真珠湾攻撃に関して首相は、「ここから始まった戦いが奪った、すべての勇者たちの命に、無辜(むこ)の民の魂に哀悼の誠をささげる」とした。真珠湾攻撃の犠牲者について「その厳粛な事実をかみしめるとき、私は言葉を失う」と述べ、「戦争の惨禍は二度と繰り返してはならない」と強調した。

演説に先立ち両首脳は、オバマ氏の任期中最後となる首脳会談を開いた。来年1月に発足するトランプ政権を念頭に、日米同盟の重要性を再確認した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン