/

「米国への逆張り投資は間違い」 バフェット氏、株主への手紙で

【ニューヨーク=山下晃】米複合企業のバークシャー・ハザウェイを率いる著名投資家のウォーレン・バフェット氏は27日、毎年恒例となっている株主への手紙を公開した。「過去240年にわたり『米国売り』に賭けた投資をするのは間違いだった。今もその時期ではない」として、米国経済の底堅さを強調した。

バフェット氏は米大統領選で民主党のヒラリー・クリントン前国務長官を支持している。手紙では「大統領選の候補者がこの国の問題にばかり言及したため、多くの国民は、子供が将来、自分たちよりよい暮らしができないと信じてしまっている。そうした考え方は絶対に間違っている」と述べた。

「米国の実質国内総生産(GDP)成長率が2%にとどまっていることを嘆く人もいるが、これは十分な成長率だ」とも強調した。

「商業と革新における金のガチョウはこれからもたくさん、大きな卵を産み続ける」と米国の強みである民間の創意工夫や技術革新に期待を寄せた。国際市場の混乱を背景に米景気には腰折れ懸念もくすぶるが、そうした悲観論とは一線を画した。

技術革新に伴う生産性の向上で失業者が出ることは防げないとしたうえで「解決策は働く意欲がある人たちがそれなりの暮らしができるためのセーフティーネット(安全網)の充実である」と持論を述べた。

バークシャー株は2015年に約12%下落し、ダウ工業株30種平均(2%安)を下回ったが、バフェット氏は「15年は良い年だった」と振り返った。同日開示された資料によると、バフェット氏が重視するバークシャー社の1株当たり純資産は6%増えた。バークシャーの15年12月期の連結純利益は240億ドルと前の期比21%増加した。傘下の米食品大手HJハインツがクラフト・フーズ・グループと合併したことが寄与した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン