/

岡田民進代表、参院選「勝つつもりでやる」

民進党の岡田克也代表は27日の結党大会後の記者会見で、7月の参院選について「勝つつもりで選挙をやる。代表は国政選挙には責任を負うというのが私の持論だ」と述べた。衆参同日選の可能性が浮上していることを巡り「衆院選も各党と(協力の)話し合うことが大事だ。同日選になれば勝つことの意味として政権交代が視野に入る」とも語った。

次期衆院選の候補者擁立に関しては「さらに進めていきたい」と強調。民進党として新たに候補者公募に取り組む考えも示した。

政権交代を実現した場合に取り組む政策としては「再分配に重点を置いた経済政策」を挙げた。参院選に向けて関連する具体的な政策をパッケージとして打ち出す方針も示した。憲法の平和主義を守り、具現化していくことも重要だと訴えた。

民進党は民主党や維新の党、改革結集の会などの所属議員らが合流して結成した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン