/

財務相「市場の安定を重視」 英EU離脱で首相らと協議

麻生太郎副総理兼財務相は27日午前、安倍晋三首相や日銀の中曽宏副総裁らと英国の欧州連合(EU)離脱について首相官邸で対応を協議した。財務相は会談後、「首相から『金融・為替など市場の安定を重視していろいろ対応してほしい』と指示があった」と語り、引き続き対応にあたる考えを示した。海外市場の状況については「(政府・日銀の)対応が成功している」との認識を示した。

中曽副総裁は、会合で「状況をしっかり注視する。海外の中央銀行との連携を密にしつつ万全の対応をする」と報告した。会合後、記者団に追加金融緩和の判断を問われ「市場動向をよく見ていく」と述べるにとどめた。臨時会合の開催に関してはコメントを控えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン