2019年8月26日(月)

「より強い民進党に」 蓮舫代表が辞任表明

2017/7/27 16:33
保存
共有
印刷
その他

民進党の蓮舫代表は27日、国会内で記者会見し辞任する意向を表明した。蓮舫氏は「民進党の代表をひく決断をした。より強い民進党を新たな執行部に率いてもらうのが最善だ」と語った。蓮舫氏は高い知名度が期待され、昨年9月に代表に就任したが都議選で惨敗し党勢は回復しないままだった。

記者会見で辞意を表明する民進党の蓮舫代表(27日午後、国会内)

25日の両院議員懇談会で野田佳彦幹事長が辞任の意向を表明。蓮舫氏は後任人事に着手する考えを示していた。蓮舫氏は記者会見で「どうすれば遠心力を求心力に変えられるか熟考した。考えたのは人事ではなく、私自身をもう一度見つめ直すことだった」と語った。26日に辞意を固めたことも明らかにした。

民進党は蓮舫氏の後任を選ぶ代表選の日程などを早期に決める方針。蓮舫氏は次期執行部について「国民の不満をしっかり代弁し、民進党はここにあり、という党を作ってもらいたい」と述べた。共産党などと進める次期衆院選に向けた野党共闘については「公党間の約束だ」と指摘。次期執行部でも踏襲すべきだとの考えを示した。

自身の今後の政治活動については「もう一回ゼロに戻って再スタートする」と述べた。

蓮舫氏は報道キャスターを経て2004年参院選で初当選し、当選3回。旧民主党の野田内閣で行政刷新担当相を務めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。