/

この記事は会員限定です

スペイン総選挙、急進左派は第3党 予想より伸びず

[有料会員限定]

【マドリード=竹内康雄】スペインの総選挙は26日夜、投票が締め切られた。スペインメディアによると開票率80%の時点で、政権与党の国民党(中道右派)が第1党となり、136議席を獲得。社会労働党(中道左派)は86議席で第2党の座を守ったようだ。躍進が予想されていた新興政党のポデモス(急進左派)は71議席と第3党で、選挙前と同じ順位だった。

ポデモスは投票が締め切られた午後8時(日本時間27日午前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン