/

この記事は会員限定です

「台湾と日本企業の協力、一段と」 次期駐日代表の謝氏

領有権問題、日本と中国の「安全弁」に

[有料会員限定]

5月から台湾の政権与党となる民進党が日本との関係強化を鮮明にしている。新総統に就任する蔡英文氏は近く、駐日大使に当たる台北経済文化代表処代表に、行政院長(首相)や同党主席を歴任した謝長廷氏が就くと発表する。親中姿勢を打ち出していた国民党政権下の日台関係とどう変わるのか。謝氏に今後の展望を聞いた。

 ――党の重鎮である謝氏が代表に就く意味は。

「蔡氏が語るべき内容だが、2つの象徴的な意味があると考える...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1471文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン