原発避難で自殺、東電に4900万円賠償命令 福島地裁

2014/8/26付
保存
共有
印刷
その他

2011年7月、東京電力福島第1原発事故で避難していた福島県川俣町山木屋地区の渡辺はま子さん(当時58)が自殺したのは「避難生活で精神的に追い詰められ、うつ状態になったため」として、遺族が東電に計約9100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福島地裁(潮見直之裁判長)は26日、東電に約4900万円の賠償を命じた。

東電によると、原発事故が原因で自殺したとして東電に賠償を求めた訴訟で、初の判決。夫…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]