台風12号、九州の西を北上 暴風・高波に警戒

2015/7/26付
保存
共有
印刷
その他

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。白の点線は予報円

黄円の範囲は風速15m/s以上の強風域。白の点線は予報円

台風12号は26日、鹿児島県の一部を風速25メートル以上の暴風域に巻き込みながら、九州の西海上を北上した。気象庁は、九州南部や北部でも非常に強い風が吹き、海上は大しけとなる恐れがあるとして、暴風や高波、土砂災害への警戒を呼び掛けた。

26日、鹿児島県奄美市で最大瞬間風速40.1メートルを観測。同県・徳之島の伊仙町では1時間に56.0ミリの非常に激しい雨が降った。

台風12号は26日午前9時現在、同県枕崎市の西南西約100キロを時速25キロで北へ進んだ。中心気圧は980ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートル。中心の南東側110キロ以内と北西側70キロ以内が暴風域、中心の南東側300キロ以内と北西側220キロ以内が風速15メートル以上の強風域となっている。

今後、勢力を弱めながら北上し、26日夜には対馬海峡に進む見込み。

26日に予想される九州の最大風速は、南部25メートル(最大瞬間風速35メートル)、北部22メートル(同35メートル)、波の高さは6メートル。27日朝までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で、九州北部120ミリ、南部100ミリ。〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]