/

VW新社長にミュラー氏 「この危機を乗り越える」

【フランクフルト=加藤貴行】欧州自動車最大手の独フォルクスワーゲン(VW)は25日、排ガス試験の不正問題で引責して辞意を表明したマルティン・ヴィンターコーン社長(68)の後任に、VW傘下の独ポルシェ社長、マティアス・ミュラー氏(62)を充てる人事を決めたと発表した。同日付で就任した。自動車業界を揺るがす不祥事のさなかにあるVWは体制を大幅に見直し、原因究明と傷ついた信頼の回復に取り組む。

ミュラー氏は同日、独西部のVW本社で記者会見し、「VWグループへの信頼を取り戻すため、あらゆることをする」と述べた。法令順守などを徹底すると強調し、約2分の声明を読み上げた最後に、「我々はこの危機を乗り越える」と結んだ。

ミュラー氏は1978年、VW傘下の独アウディに入社し生産管理部門が長い。アウディ社長だったヴィンターコーン氏がVW社長に昇格した2007年に同じくVWに移った。10年にはVWと経営統合を決めたポルシェの社長に転じ、VW・ポルシェの相乗効果を生み出し、今年2月にVW取締役の兼務となりVWグループの生産計画を担当してきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン