/

この記事は会員限定です

中国ビジネスで泣きをみる典型例とその対策

水野コンサルタンシーホールディングス社長 水野真澄

[有料会員限定]
「郷に入っては郷に従え」――。簡単に思えるが、これがなかなか難しい。アジアの専門家がビジネスの流儀を指南する。

 「中国でビジネスをするとだまされませんか」という質問を受けると、私はこう答えている。

「人口が日本の10倍なら、良い人も悪い人も10倍いる。日本人をだます中国人は当然いる。だからそれを前提とした意識とリスク管理が必要だ」

海外ビジネスはリスクが付きものと分かっていても、不思議なことに、か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3126文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン