裁判管轄権は「戦勝国」並みに 講和発効まで(85)
日米外交60年の瞬間 特別編集委員・伊奈久喜

(1/2ページ)
2014/9/6 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1952年2月22日、独立に向けて歩みを進める日本が避けて通れない重要な条約交渉でいくつかの動きがあった。

日本は当時、少なくとも5本の重要な条約交渉を抱えていた。この物語で紹介した日米行政協定、日華条約、日韓友好条約、日比賠償協定に加え、日米通商条約交渉も25日に始まることがこの日決まったのである。

裁判管轄権はNATO方式へ

これらのうちで最も進んでいたのは日米行政協定交渉だった。日本側代表…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]