首相「写真、信ぴょう性高い」 後藤さん救出に全力

2015/1/25付
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は25日午前のNHK番組で、「イスラム国」とみられる組織が日本人2人の殺害を予告した事件に関連し、拘束されている湯川遥菜さん(42)が殺害されたとする画像がインターネット上に投稿されたことについて「信ぴょう性が高いと言わざるを得ない」と述べた。「ご家族のご心痛察するに余りあり言葉もない。このようなテロ行為は言語道断で、許すことのできない暴挙で強い憤りを覚える。強く、断固として非難する」と語った。

NHK番組の出演を終え、車に乗り込む安倍首相(25日午前、東京都千代田区)=共同

NHK番組の出演を終え、車に乗り込む安倍首相(25日午前、東京都千代田区)=共同

後藤健二さん(47)の安否は「現在進行中の出来事であまりつまびらかにできないが、様々な情報に接している」と指摘。「後藤さんに危害を加えないよう直ちに解放するよう求めたい。関係国と連携をとりながら救出、解放に全力を尽くしたい」と強調した。

画像と同時に配信された音声で、ヨルダンに捕らわれている「サジダという同胞」の釈放を求めていることに関しては「どのように対応していくかは今まさに事態が動いている状況なので答えは控えたい」と述べるにとどめた。「人命第一の観点からヨルダンとも緊密に協議、連携しながら対応にあたっていきたい」と訴えた。

首相は「我々はテロに屈することなく国際社会と協力をして世界の平和と安定のためにより積極的に貢献していく考えで、この考えに一切変わりはない」と力説。中東地域への支援に関し「(日本は)多くのエネルギーをこの地域に依存している。中東の平和と安定は我が国にとって死活的に重要だ」と指摘。「私たちの支援は避難民に本当に必要なものであり、国際社会からも高く評価されている」と語った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]