/

TPP日米閣僚協議物別れ 甘利氏「議論かみ合わず」

日米両政府は24日(日本時間25日未明)、環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る2国間の閣僚級協議を終了した。牛・豚肉の関税など難航分野の打開を目指したが、双方の主張はかみ合わず、協議は物別れに終わった。TPPの全体交渉は、基軸となる日米協議が停滞したことで、年内合意のめどが立たない状況に陥った。

甘利明経済財政・再生相は24日夕方、記者団に対して「当方は柔軟性のある対応をしたが、議論がかみ合わなかった」と説明し、米国側の譲歩を引き出せなかったことを示唆した。TPPの全体交渉の今後については、「米国以外の国との交渉は進展しているので、それを加速させることで貢献していく」との説明にとどめた。

24日は当初、丸1日をかけて甘利氏が米通商代表部(USTR)のフロマン代表と会談する予定だったが、両者の協議は開始1時間で終了した。

(ワシントン=北爪匡)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン