/

この記事は会員限定です

中国からの送金にからむ税務リスク

水野コンサルタンシーホールディングス社長 水野真澄

[有料会員限定]

今では「中国現地法人に利益が出ても配当できない」という人はいないと思うが、一昔前はよく聞いた。どうしてこのような誤解が生じたのか分からないが、類似の発言をいたる所で聞くことがあり、都市伝説かと思ったものだ。剰余金の範囲で行う期末配当は今も昔も問題なく可能であり、実際に、当社グループも、中国現地法人からは毎年100%近い配当性向で送金を受けている。

利益送金において最も容易な配当ですら十数年前までは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2167文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン