/

オバマ大統領「トルコは領空守る権利」 ロシア軍機撃墜

【ワシントン=川合智之】オバマ米大統領は24日、ホワイトハウスで開いたフランスのオランド大統領との共同記者会見で、トルコによるロシア軍機撃墜について「(トルコは)領土、領空を守る権利がある」と指摘し「ロシアとトルコは対話し事態悪化を避けることが重要だ」と述べた。オランド氏は「トルコは北大西洋条約機構(NATO)に情報を提供している」と説明。予定通り26日にモスクワを訪問しプーチン大統領と会談すると表明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン