/

衆院2補選、京都は民進・泉氏 北海道は接戦

第3次安倍政権が発足して初の国政選挙となった衆院の2つの補欠選挙は24日投票、即日開票した。自民党が候補者擁立を見送った京都3区は民進党前職の泉健太氏(41)=社民推薦=が、おおさか維新の会新人の森夏枝氏(34)ら5新人を破り、6回目の当選を果たした。与野党が激突した北海道5区は接戦となった。

町村信孝前衆院議長の死去に伴う北海道5区補選の投票率は24日の16時時点で28.27%。前回の2014年衆院選を1.89ポイント下回った。自民党衆院議員だった宮崎謙介氏が議員辞職した京都3区は18時時点で19.53%。前回を14.11ポイントも下回った。

北海道5区補選は町村氏の娘婿で自民党新人の和田義明氏(44)=公明、こころ推薦=と、無所属新人で野党統一候補の池田真紀氏(43)=民進、共産、社民、生活推薦=の一騎打ちとなった。「自公」対「野党共闘」の構図は7月の参院選を占い、与野党が総力戦を展開した。

いずみ・けんた=立命館大卒。元内閣府政務官、議員秘書。北海道出身、41歳。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン