/

こころ中山代表、若狭氏らの新党合流へ 小池氏と会談

小池都知事に新党合流の考えを伝えた中山恭子・日本のこころ代表(写真は2016年3月)

東京都の小池百合子知事は24日午後、日本のこころの中山恭子代表と都内のホテルで会談した。中山氏から小池氏に、若狭勝衆院議員らがつくる新党に合流する考えを伝えた。小池氏は「若狭氏に伝える」と述べたが、自身の新党への関与については言及しなかった。会談には中山氏の夫の中山成彬元文部科学相も同席。成彬氏は新党から次期衆院選に立候補する方針を固めている。

小池氏は会談後、記者団に「いま私は都政改革の最中だ。国政もしっかりと改革を進めてほしいと強く願っている。そういう意味では、これからのいろんな大きな改革の流れは応援していきたい」と語り、新党への関わり方については明言を避けた。中山氏も「小池氏が新党とどう関わるかは分からない」と話した。

会談は中山氏から小池氏に持ちかけた。中山氏は新党に参加する理由について「日本のこころの活動を国政のどこかで生かしていきたい。拉致問題や憲法改正について同じ方向を向いていれば動ける」と語った。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン