カンヌ、是枝作品受賞ならず 最高賞に仏「ディーパン」

2015/5/25付
保存
共有
印刷
その他

【カンヌ=古賀重樹】第68回カンヌ国際映画祭は24日夜、最高賞のパルムドールにフランスのジャック・オディアール監督「ディーパン」を選んで、閉幕した。妻夫木聡さんが出演した「黒衣の刺客」のホウ・シャオシェン監督(台湾)が監督賞を受賞した。是枝裕和監督「海街diary」は賞を逃した。

「ディーパン」はスリランカ内戦で家族を失った男、女、少女の3人のタミル人難民が家族になりすまして出国。パリ郊外の低所得者向けの集合住宅で、ならず者たちの暴力と隣り合わせに暮らしながら、新しい家族となっていく物語。

「黒衣の刺客」は唐代の中国で密命を受けた女性暗殺者の物語。妻夫木さんはスー・チーさん演じるヒロインを助ける日本人青年役を演じた。

他の主な受賞結果は以下の通り。

グランプリ=ラズロ・ネメシュ監督「サウルの息子」。男優賞=ヴァンサン・ランドン(「マーケットの法則」)。審査員賞=ヨルゴス・ランティモス監督「ロブスター」。女優賞=ルーニー・マーラ(「キャロル」)、エマニュエル・ベルコ(「私の王様」)。脚本賞=ミシェル・フランコ(「クロニック」)。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]