/

米ビザ、2ケタの増収増益 4~6月期

【ニューヨーク=蔭山道子】米クレジットカード大手ビザが23日発表した4~6月期決算は、純利益が前年同期比25%増の16億9700万ドル(約2100億円)だった。売上高に相当する営業収入は同12%増の35億1800万ドル。同社ブランドのカードを利用した決済件数が世界で前年同期比11%増と堅調に伸び、手数料収入を押し上げた。

営業収入、純利益とも市場予想を上回った。

決算の発表資料では、欧州カード大手のビザ・ヨーロッパとの事業統合について、理にかなっているとの認識を示すとともに「協議をしている」と認めた。米市場では、ビザがビザ・ヨーロッパの買収に動くのではないかとの観測が出ていた。

ビザとビザ・ヨーロッパは現在、別会社としてそれぞれに展開している。かつては1つの企業だったが2007年に分離した。米州、アジア太平洋、中央ヨーロッパ、中東、アフリカ地域を手掛けていた部門が集まってビザとなり、残る欧州部門がビザ・ヨーロッパとなった。ビザ・ヨーロッパは現在、会員銀行が共同所有する非公開企業として欧州37カ国で事業を手掛けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン